池田はノーテン

ポケモンについて色々書く
池田はノーテン TOP  >  スポンサー広告 >  PT構築 >  【S15中盤&最終日使用構築】ガルクレセニンフゲッコウガ(最高2057)【ORASシングル】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【S15中盤&最終日使用構築】ガルクレセニンフゲッコウガ(最高2057)【ORASシングル】

【使用構築】

S15使用構築ガルクレセニンフゲッコ


S15シンレ 2016 4 21 2057 11位


【構築経緯】

エメメメさんのガルクレセニンフから構築をスタートさせ、後手に回りがちだった初手ガブに対しての解答として

ガブへの対面性能をあげるためにガルーラの型を秘密不意に変更し、回りのメンツを固めていった。

初手ゲンガーへのゲッコウガの選出圧力、vs対面での後発ゲッコウガ選出の強さ等はよかったと思うが、

妖の一貫や、明らかなニンフの選出率の低さをもって解散した。

しかし自己最高レート更新に一役買ってくれた構築なので一応公開します。

以下採用順です。


【個別解説】

メガガルーラ
ガルーラ@ナイト
ひみつのちから グロウパンチ ほのおのパンチ ふいうち
意地 197(132)-159(236↑)-110(76)-x-101(4)-118(60)
メガ後197(132)-192(236↑)-130(76)-x-121(4)-128(60)

もともとは地震雪崩恩返し身代わりだったが、初手ガルガブ対面に不安を感じていたので型を変更した。

H197を確保し、珠ゲッコウガのけたぐりを最高乱数切り耐え(A192親子愛ひみつのちからを乱数2耐え)まで振り、

できるだけSを伸ばしてガルミラーにおいてグロウが安定択になるようにした。

ガルクレセニンフ選出において、相手のメガゲンガーと11をとる役割もあるのでかみくだくを採用したいが、

ハッサムへの打点が欲しかったためほのおのパンチを採用した。


クレセリア
クレセリア@ゴツゴツメット
サイコキネシス でんじは トリックルーム みかづきのまい
図太い 227(252)-x-189(252↑)-95-151(4)-105

ガルーラの型を変更したことによりガブへの速攻打点の必要が薄れたため、原案のワンウェポンをサイコキネシスに変更。

これによりサイキネ×2+ゴツメ×2でルカリオが落ち、ゲンガーへの削りを行えるようになった。

電磁波トリル両採用により、相手に応じてS操作可能な点や身代わりガルーラのケアもトリル+ニンフでできるため動かしやすかった。


ニンフィア
ニンフィア@こだわりメガネ
ハイパーボイス サイコショック めざめるパワー炎 はかいこうせん
控えめ 191(140)-x-97(116)-177(244↑)-151(4)-80 (V-x-V-U-V-U 個体)

原案の調整のSをBに割いた形。

普通のガルーラスタンと違ってこのポケモンがいるために有象無象のよくわからないポケモンに負けることは少なかった。

ガルーラ+ニンフィアの並びでハイボが受かるポケモンがクチートしかいないクチート軸を崩していた。

トリルからの制圧力が非常に強力だが、ヒードランファイアローあたりがいるだけで選出が出来ないのがネック。


化身ボルトロス
ボルトロス@オボン
10まんボルト きあいだま わるだくみ でんじは
図太い 184(236)-x-132(236)-145-101(4)-135(32) (V-x-V-V-V-U 個体)

クレセが出せない時のS操作要員、マリストッパー、スイクンに強く出れる駒としての採用。

基本はマンダ軸に出していくので電磁波受けのマンムー、ジバコイル、あたりへの打点を考えると、きあいだまは必須、

メインウェポンの10まんボルト、ガルクレセニンフで無理な慎重アローを押し切るためのわるだくみ、

マンダに打つでんじはで技スペが埋まり、めざ氷の採用は見送った。


ゲッコウガ
ゲッコウガ@ラムのみ
あくのはどう れいとうビーム ねっとう かげうち
臆病 149(12)-104(4↓)-105(140)-144(164)-91-182(188↑)

ゲンガーを初手で誘い殺すつもりだった信用可能ゲッコウガ。

このポケモンの選出圧力はとても高く、ガルゲンスタン側から初手ガルーラをされることが殆どで、

採用理由とは違い、後発から出すことによって抜いていく動きが多かった。


ガブリアス
ガブリアス@きあいのタスキ
げきりん じしん がんせきふうじ つるぎのまい
陽気 183-182(252)-116(4)-x-105-169(252↑)

上5体の電気の一貫を切る枠。

積みエースのストッパーにもなり、自身で崩しも行える点が偉い。

ガルガブボルトやガルガブゲッコウガといった対面選出もわりとする。

今期の環境はスカガブだらけだったが、ラス1対面以外では同速勝負をせずにガブミラーで11以上が取れるのも使用感が良かった。


【終わりに】

S12以来の最高レート更新で嬉しい限りですが、今期は2100を目指していただけに非常に悔しいです。

この最高レートもシーズン中盤に記録したもので、序盤から中盤にかけては調子も良かったが、

最終日付近での対戦でうまく勝ちを掴めなかったあたりに自分の弱さを実感させられました。

S16は全国ダブルにも手を出す予定なのでどこまで行けるかわかりませんが頑張っていきたいと思います。

スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


プロフィール

ちゃあじ

Author:ちゃあじ
Twitter:@charge_poke

コミュニティ:池田はノーテン

ORASシングル最高レート2123(S17)

九尾杯10月チャレンジャーズリーグ2位

第42回委員会オフベスト4

第2回びわぽけカップ準優勝

第二回真皇杯関西予選1ベスト16

第14回北大阪オフベスト32

第43回委員会オフベスト16

第2回つりざおオフ優勝

第8回関西シングルFESTAベスト32


SMシングル最高レート2070(S1)

SMWCS最高レート1938(S1)

カウンター
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。